スポンサーリンク

05月05日:ミニトマトとキュウリの根の成長

 いよいよ今年の野菜栽培もスタートを切りました。
 我が家の植物工場は、冬期間の間も継続して栽培実験を続けています。

 先月より今年の水耕栽培実験の段取りを進めているのですが、今年はあ
 まり大掛かりにしないということで、ミニトマトときゅうりを各1株だ
 け栽培することにしました。

 今年の水耕栽培での課題:

 トマトは成長力が旺盛なので、あちこちから何度となく脇芽で出てきて、
 本体をしっかり成長させるため、次から次へと摘み取っていきます。

 今年は、その摘み取ったものを捨てるのではなく、挿し芽をして新しく
 株を増殖させようと思っています。脇芽でどれだけ株を増やせる可能性
 があるのか確認するつもりです。

 きゅうりの方についても、カットした子蔓の先端から挿し芽ができるの
 か、やってみようと思っています。

 それぞれたった一株ですが、どこまで増やすことができるのか、野菜の
 生長力の確認実験というところです。

根の観察

 植物というか今まで作ってきた野菜はみなそうだと思うのですが、土の
 上の姿と土の中の根の状態は、比例していると思います。

 つまり株や葉の成長が著しくなったときは、下の根も成長が加速されて
 います。むしろ根の方が少し先になっているように思います。

 つまり養分を吸収する必要が出て、根が大きく伸びだしたあとから、上
 の本体が成長を加速させていくのではないかと思います。

 ゆえに根の状態を見れば、本体の成長レベルと健康度がわかると感じて
 います。

 ということで、当面はその根の成長をしっかり観察していきたいと思っ
 ています。

 ミニトマトときゅうりの根

スポンサーリンク

a:1455 t:2 y:0