スポンサーリンク

06月26日:ミニトマト脇芽の挿し木の成功

 今月の初めにミニトマトの脇芽をカットして、プラ容器に水を入れて
 新しい根が出てくるかの実験をしました。

 6月7日にカットして容器に入れた根は、15日くらいまではかなり
 元気で、わずか1~2mmの根が出てきたように見えました。

 しかしその後、なぜかはわかりませんが、急激に元気がなくなり写真
 のような状態に。

 6月7日  6月21日


 確かこちらはプラ容器の中に入れたのは水道水でした。

2番手、3番手の挿し木の状況

 一方、6月14日に2番目の脇芽を同じように、プラ容器に刺して中
 には水耕栽培で使っている補給用の養液を入れました。

 本日26日の時点では、次の写真の通り。

 6月26日-1  6月26日-2


 トマトの生命力の名にはじないくらい、新しくてたくましい根が無数
 に発生していました。しかもわずかな日数なので、その根の長いこと。

 何が違うんでしょうかね?
 水道水と水耕養液との違いとは思えないんですが・・・。

 とにかくこれで、土ではなく養液に挿し木するだけで、新しいミニト
 マトの株を再生できることがわかりましたので、どこまでできるかさ
 らに拡大していきたいと思います。

スポンサーリンク




a:2845 t:1 y:0