トップ今年もトライ、野菜の越冬

2月4日:今年もトライ、野菜の越冬

昨年の一昨年もやったように、今シーズンもレタスとサニーレタス、そしてチンゲン菜の越冬えをトライしています。

越冬といってもたいして特別な作業が必要なわけではなく、零下に温度が下がる玄関前の風徐室から、玄関内に移動しただけです。

越冬ベジタブル

玄関内は3~5℃くらいで、零下にはならないからです。

植物は基本的に雰囲気の温度が下がり、栽培槽の養液がが零下になって凍ってしまうと、いずれ死んでしまいます。

3~5℃くらいの温度でも凍らなければ、動物の冬眠と同じようにほとんど目立つ成長がなくまり、そのまま冬を越させることができます。

今回で4回目のトライです。

2月中旬を過ぎると少しずつ成長を再開し、3月から4月になる頃にはあきらかに成長し始めます。

そして4月の中旬になると、中央部から茎が天空目指して伸び始め、蕾をつけて花が咲き、種ができるというように成長が進んで行きます。

このように薹が立って成長すると、葉に苦みが加わってきて一般に食べられないようになります。

今年は種を収穫したいわけではないので、茎が伸び始めたときにそれを根元部分よりカットして、普通のように葉を食べられるか、味がどうなるのか、確認したいと思っています。

1.27:にんにくの根の部分を確認
3.10:冬を乗り越えたレタスとチンゲン菜


a:1482 t:1 y:2