スポンサーリンク

室内でキュウリの栽培を継続中

先週、初雪が降り、ここ最近は連日10℃以下の気温が続いています。
もう11月に入ってから久しくて、屋外のキュウリとトマトはすでに枯れてしまいました。

例年、冬期間はレタスを栽培するのが常ですが、今年はキュウリの栽培を続けています。
特別な温室を作って育てているというわけではありません。

10月のキュウリが枯れていく少し前に、成長点の部分を 15cmほどカットして、挿し木をして根を出させました。

「7月10日:ようやく成功!きゅうりの水耕挿し木」と同じやり方です。

水耕挿し木

さらに 5cmほど根が伸びてから、それを簡易水耕栽培キットにセットして、2階の自分の部屋で育てているということです。

冬は自室できゅうりの栽培
 
冬は自室できゅうりの栽培2

このような育て方をした場合、今までの栽培経験から考えて、一番の難敵は「うどんこ病」です。雨も風もない穏やかな環境で育てた場合は、このカビは必ず発生して本体を苦しめるので。

小さな実が一つだけついていますが、これからは日光と温度が不足となるので、十分な成長はないと思うので、室内観賞用として育てています。

さてどこまで生き延びられるやら ‥‥。


 
スポンサーリンク

◆トップへ戻る
a:2119 t:2 y:2