スポンサーリンク

08月16日:数日放置後状況と新野菜のトライ

 8月のお盆連休に入り、水耕野菜のオクラとにんにくの状況は、
 次の通りだったので安心しました。

 0816-1  0816-2

   オクラと2つのにんにく     最初の葉が元気なくなり次の葉と蕾が出現

 というのは、連日かんかん照りが続く中、カミさんの実家に遠征。
 合計5日間も家を明けたからでした。

 天気の良いときは、とにかく養液の吸収量が半端ではなく、
 1日に水槽(広口瓶)の30%~50%もなくなるときがあります。

 普通の状態にして5日間も家を明けたなら、養液が空っぽになり、
 根がぱさぱさと乾いてしまって、一発でアウト。

 自動で養液を供給する装置を作ろうかと何度も思ったのですが、
 あるヒントがあって設置場所を変更し、今回は大事に至らなかった
 のでした。

 そのヒントとは、雨や曇りでどんよりした日が続くときは、養液の
 吸収量が逆に大きく減り、晴天のときの15%~20%程度になること
 でした。

 つまり、不在の期間だけ人工的に曇りの状態にしてあげれば、
 養液の吸収量が大幅に減少し、補充なしでも瓶が空にならないだろう
 と考えたわけです。

 そういうことで、出かける前に日当たりのよい南側の風除室から、
 日当たりの悪い玄関内の下駄箱の上に移動したのでした。

 この案はバッチリ成功!
 5日後、家に戻ったときには、養液が半分に減っていたものの、
 まったく異常は無い常態でした。

 すぐに減った分の養液を補充して、再度、風除室内に戻したの
 でした。(それが上の写真です)

新野菜へのトライ

 今年はトマトやきゅうりなどの定番野菜をやらなかったため、
 秋は何か新しい野菜をやってみたくなり、近くのホームセンター
 に行ってまずは1種類の種を買ってきました。

 わさびリーフ  裏面

 「わさびリーフ」です。

 ワサビが好きなことと、いつでも栽培できること、短期間で育成
 できること、少しずつつまんで収穫し食べれること・・・

 と考えて、この「わさびリーフ」を選んだのでした。

 冷涼地だと4月早々から9月末までが蒔きどきで、発芽適温は25℃、
 収穫までの期間は40日前後ということで、まさにぴったりでした。

 まだ蒔いてはいませんが、1両日中には蒔いてスタートさせるつもり
 です。

 まずはお皿の上に培地のスポンジを置き、その上に種を数粒載せ、
 そして水を注ぐだけ。

 発芽し少し成長したら、元気の良い芽を残して残りを間引きし、
 いつもの広口瓶に移し替えるだけです。

 余談ですが、今年はソーラー電池を使い、養液の循環と酸素供給を自動
 で行う装置(おもちゃです)を手作りする予定です。

 すでに部品は購入済なので、トライしたあとに別途レポートしたいと
 思っています。

 ■関連の記事:
  ・08月21日:4cmまで成長した水耕わさびリーフ
  ・08月18日:わさびリーフとサニーレタスの種を芽出し
  ・08月01日:いよいよ収穫、先週7個のオクラ
  ・07月22日:にんにくの栽培容器を交換

スポンサーリンク

 




a:1185 t:1 y:1