スポンサーリンク

6月7日:液体肥料の驚愕する野菜成長への影響

長年、水耕栽培(養液栽培)の実験を行っていますが、今回はいつも
使っている液体肥料とその効果について、書いてみました。

まずこの2枚の写真を見て下さい。

最初のものは、現在水耕栽培で育てているミニトマトときゅうりで、
次のものは、4月14日、同じタイミングで種を蒔いて発芽させたきゅうり
2株です。

この成長の度合いの違いが、液体肥料(水耕栽培)を使うか使わないか
の差になります。あまりの違いにびっくりです!

片方は背丈1m30cm。もう片方は背丈6cm。
成長の違いをはっきりと目でみることができました。

0607-1  0607-2
 ハイポニカ液体肥料       こちらは水だけ

水耕栽培の方は、すでにミニトマトは花が咲き始め、きゅうりも今朝か
ら第1番目の花が咲きました。

ミニトマトの花 きゅうりの花
   ミニトマトの花         きゅうりの花

液体肥料

液体肥料はホームセンターなどでもいろんなものが販売されていますが、
わたしはいつも同じ「協和:ハイポニカ液体肥料」を使っています。

6年以上前に買ったもので、4L(A、Bの2液)を小分けして使って
きました。

最近、残り少なくなったので、昨日1Lセットをネットで注文しました。
わずかに2000円を超える価格だったので、送料も無料でした。


ところで昨年ですが、15年もほとんど成長していなかったサボテンに、
同じ養液を少しずつ与えたところ、すごいスピードで成長を始めました。

金鯱という名前のサボテンで、一昨年は直径が3cmくらいだったので
すが、今は直径が5cmまでになっています。こちらへの影響もすごい
です!

サボテン

水耕栽培の養液が成長を促進するとは感じていましたが、上の写真の
ように並べてみて、あまりにもその大きな違いを知り、植物にとっての
養分の重要さが改めてわかったのでした。

6.1:栽培槽を1回り大きなものに交換< >6.11:ホルモン剤でミニトマトが着果

スポンサーリンク:


a:1009 t:1 y:1