スポンサーリンク

自作LED照明設置し日照不足を改善

11月にはすでに初雪があった北国のエリアですが、現在家の部屋の片隅で
水耕栽培きゅうりの生き残り実験を続けています。寒さに弱いきゅうりが
どこまで生き残れるか・・。

1126-1 1126-2

水耕栽培レタスは室温5℃くらいを保った場所に置いておけば、越冬できる
ことを何度も確認していますが、おそらくきゅうりは無理だと思っています。

今年は、日中と深夜を加温無しの中で、どの程度の環境まで生き残れるのかを
確認したくて、この実験を行いました。

水耕栽培の管理項目

水耕栽培の場合は、室温管理に加えて液温管理、日照管理が必要で、時には
空気中二酸化炭素含有率をコントロールするところもあるようですが、当然、
自室での実験なので、そのどれもコントロールはしていません。

この状況の中で、どのあたりで生き残りポイントを超えるのか・・。

最近の外気温は-1℃~10℃ですが、室内温度は12℃~20℃というところ。
液温は測定していませんが、10℃~15℃くらいかも知れません。

あとで、測ってみようと思っています。

北国の冬は晴れて太陽の日がさすことが、極端に少なくなります。ここ最近は
曇りが多くて夕方も早く暗くなるので、カンフル剤代わりに帰宅後は以前自作
したLED照明を当てて様子を見ています。もう2日間目です。

1128-1  1128-2

さてさて、今後どうなることやら・・。
 
スポンサーリンク

◆トップへ戻る
a:1002 t:1 y:0