スポンサーリンク

10月19日:葉物野菜を効率よく育てる方法

今までミズ菜、小松菜、チンゲン菜、レタスなど、何度も葉物野菜を
育ててきました。結果はどれも普通レベルの収穫ができました。

しかし、水耕栽培の場合はどのようなやり方をすればもっと効率良く
育てられるでしょうか?

今日はこの部分について考えてみました。

今までのやり方は、レタスもチンゲン菜も種を6、7粒植え、発芽し
たものの中で元気そうなもの1株だけを残して育てていました。

あとはただ大きくなるのを眺めていれば良かったので。

ですが今回、チンゲン菜は下の写真のように、間引かないで全ての株
を残して一緒に育ててみました。

チンゲン菜

結果は良いことも悪いことも両方あったのですが、効率良く育てる
ためのやり方というものについて、一つの結論が得られました。

それは何かというと、良い株一つだけを残して間引くということは
しないということ。間引かないということです。

確かに、間引かないで一緒に育てると、生い茂った感じになり密集し
てしまいますが、養液を切らしさえしなければ大丈夫です。

今回、チンゲン菜を1回、わさびリーフを1回、水を切らしてしおれ
させてしまいました。いずれも会社から帰ってきてすぐに気がついた
ので、すぐに補給して復活させることができましたが。

もう一度結論をまとめると、
・種を適当な数(7~8粒)蒔いて発芽させ、間引きはしない。
・途中までは全部を同時に育てる。
・70%くらいの大きさになったら、まだ若いけれど少しずつ収穫する。
・最後の一株になったら、収穫は止めてそのまま育てる。
・100%近くに育ったら、今度は葉を1枚ずつ収穫する。
・時間置いて収穫するやり方だと、次々に復活していくので、長期間
 収穫し続けることができる。
と、いうことになります。

注意点はただ一つ。
養液を切らさないこと。

そのためには水槽サイズは1回りか2回り大きいものを使うことです。

今回の小さいプラ容器では、何度も養液を切らしかけたので、次のよ
うな水槽を作りました。

新型水槽

100円ショップでプラスチックのゴミ箱と鉢受け皿を買って、改造した
ものです。釣り用の浮きとストローを使って、養液のレベルがわかる
ようにし、水槽内部には光が入らないように工夫しています。

光が入るとすぐに藻というか水苔が発生し、水槽内の環境が悪くなり
根の生育を妨げることになるからです。

わさびリーフ

      わさびリーフ

にんにく

       にんにく

オクラ

       オクラ

下の写真はオクラの幹の一番下の部分。
すでに木の幹のような色になっています。

昨年に越冬させたので今年は2年目になります。
緑黄野菜でも何回も年を越させると、幹が木のようになるんですね。

オクラの幹

       オクラの幹

スポンサーリンク

 




a:1337 t:1 y:1