水耕栽培|10月4日のあまいキャベツ

水耕栽培の1株だけ残ったあまいキャベツのその後ですが、気温上昇のせいで風除室から外へ出したり入れたり、また養液補充の面倒見の悪さからか、目だった成長はしていないような感じです。

画像の説明

少しは大きくなったような気もしますが、この程度の発育状況では水耕栽培としては失敗の部類になるように思います。やはり、始めるのが少し早過ぎて、且つ今年の夏は気温が高すぎたため、夏バテ気味となってしまったためだと思っています。
 

 

水だけでの成長速度を確認

あまいキャベツとダイコンをそれぞれ1株だけ、水だけで育てた場合の成長速度を比較してみました。

左がキャベツで、右がダイコンです。

9月10日
200910 water
 
9月22日
200922 water
 
10月4日
201004 water

結論から言うと、
食べるために育てるのなら、水だけはNG。あまりにも成長が遅いため、いつになったら収穫できるのか、見当がつかない感じ。またキャベツは、少し弱ってきているような状況になってます。

水耕栽培用の養液(ハイポニカ使用中)は絶対に使うべきということ。室内で観賞用として育てるのなら、むしろ水だけで育てて、少しずつしか大きくならない方が良いかも知れませんが。

本日、水を捨てて、ハイポニカの養液に交換しました。
今後の成長速度をしっかり確認していきたいと思います。


a:380 t:2 y:0

コメント


認証コード9983

コメントは管理者の承認後に表示されます。