スポンサーリンク

レタスの茎上半分をカットし今後を観察

 先の記事に書いたように、レタスやサニーレタスは薹が立ち始め、
 中央の茎は上へ上へとどんどん伸び始めています。

 昨年の経験より、今後はどんどん葉の味が落ちていき、茎は上方
 1.5m付近まで伸びて花が咲き、3ヶ月前後かけて種ができていき
 ます。

 昨年は種子を採取するところまでやりましたが、今年はそこまでやる
 つもりはないので、もう栽培を続けるのは止めようと思っていました。

 ところが、ふと最後に1つだけ実験してみようと考えました。

最後の実験

 それは何かと言うと、もしも茎を途中でカットして成長点を取ってし
 まった場合、どうなるかということです。

 種類によっては生存と成長を継続するために、新たに芽が横に出てき
 て成長を再開するものと、そうでないものがあります。

 一昨年の実験では、茎の最下点、つまり根の直上をカットして様子を
 みてみたら、新たな芽は出ませんでした。

 2週間程度は枯れずに頑張っているように見えたのですが、やがてあ
 る点を境に枯れてしまいました。

 今年は、もしも茎の最下点ではなく中間をカットした場合はどうかを
 確認してみようと思ったのです。

 ・・ということで、今朝レタスとサニーレタスの断髪式を行いました。


 画像の説明  画像の説明
     レタス(前)           レタス(後)

 画像の説明    画像の説明
   サニーレタス(前)         サニーレタス(後)

スポンサーリンク

a:1693 t:2 y:0