トップ>最新の植物工場「閉鎖型植物工場」

最新の植物工場「閉鎖型植物工場」

最新の植物工場の情報を確認してみたら、「閉鎖型植物工場」というのがありました。

その特徴は、

・多段式人工光型植物生産システム
・天井高に合わせて多段式のユニット化

・立体的に室内を利用した制御型の植物工場
・人工光を使用して養液を循環

・基本型「植物工場」ユニットの2倍~4倍の生産能力
・増設型植物工場

・栽培ユニット・育苗ユニットの基本型「植物工場」を増設
・水耕栽培野菜の生産を倍増化

というように書かれており、より効率良く野菜を生産するために栽培をシステム化していました。栽培ユニットに人工エネルギーをかけて、育成を制御していくやり方です。

職業として野菜栽培をするのであれば、以上のような植物工場を作り、より少ない投資で大規模に野菜作りをして、効率的に収益を上げていくしくみを作ることを進めていくことになるでしょう。

わたしの場合、

しかしわたしは趣味のレベルで水耕栽培をとらえており、家庭でのその可能性をさぐっているので、大きな投資をすることは考えていません。

場所の無い人でも、できるだけ少ないコストで、手軽に植物栽培を楽しめることを目標にしています。

しかし、その植物工場のしくみの中には、個人での趣味レベルの水耕栽培にも適用できるアイデアもありそうで、もう少しよく研究してみようと思っています。


a:2575 t:1 y:0