トップ植物工場の照明条件

植物工場の照明条件

ここ最近、我が家の植物工場のトライをどのように進めるか検討しています。

今回はLED照明を自家製作するために、適切な光合成をさせるために必要な明るさは、どのくらいの照度が適当なのかについて調べました。

光飽和点

野菜に光りを当てて光合成で生長を促進させようとするときに、ある程度以上の照度になると光合成が増えなくなる点があります。

それを「光飽和点」といいます。

これ以上照度があっても、光合成量が増えなくなる明るさのことですね。
・トマトやキュウリの光飽和点は、7~8万ルクスとされています。
・光が少なくて良いイチゴやホウレンソウでも、2万ルクス程度。

光補償点

また光合成量と呼吸による消耗の量が釣り合う点、成長のために最低限必要な明るさを、「光補償点」といいます。

・トマトの光補償点は、3000ルクスといわれます。

明るさの比較

真夏の午後1時頃の照度を測定すると、14万~15万ルクスです。また、1月の薄曇りの日は、午後1時頃で6万ルクス程度でした。

これに対し、蛍光灯や電球で勉強に適した照度は、750~1500ルクスとされています。

1カンデラの明るさの光源から1m離れた、光源に垂直な面の照度が1ルクスです。
照度は、距離の2乗に反比例しますから、距離が2倍になれば照度は4分の1になります。

トマトの最低限必要な照度を同じような形で表すと、先ほどの勉強に適した照度の場合で、光源からノートの距離を半分にしたくらいが、トマトでいえば最低限必要な照度ということになります。

照明設置での注意点

なお、明るい光源を使えば良いとか、光源を植物に近づければ良いといっても、温度もチェックしておかないといけないようです。

なぜかというと人間の身体の反応と同じで、そんなに熱く感じない温度でも長い時間照射されると、低温やけどと同じ状態になるからです。

植物への熱ストレスは組織破壊につながり、枯れてしまうことになります。

結論

トマトで言えば、最低が3000ルクスで最高は70000ルクスとなりますので、間を取ると 30000~40000 ルクスあたりが適当な照度ではないかと思います。


a:9321 t:3 y:9