トップ>いいアイデアたっぷりのミニ植物工場

いいアイデアたっぷりのミニ植物工場

植物工場の新しい技術情報やアイデアを調べていて、家庭用水耕栽培にも活かせそうな貴重なアイデアを見つけましたので、そのことについて書きます。

スマートサラダというシステム

スマートサラダ側面画像

まずそのアイデアの出所ですが、日本アドバンテージ株式会社という会社のサイトです。
☆詳しく知りたい方は>>>日本アドバンテージ㈱

この会社は「スマートサラダ」というミニ水耕栽培キットを販売しています。

確認いただけるとわかりますが、非常にシンプルでメリットの多いシステムです。そのいくつかを紹介しますと、

1)LED照明なので室内で育成可能
2)天候の影響を受けず、害虫などの心配もない
3)露地栽培の2~4倍の速度で成長
4)電気代も易く約1/2のコストで作れる
5)水やり不要 (1週間に1回の交換のみ)

と書かれています。

個人で取り組むものとしては、少し高度なレベルです。でもなかなか魅力的ですよね。

欠点は個人の趣味レベルとしては、結構大きな初期投資がかかることです。1式を購入すると5万円から7万円かかります。何度も繰り返し利用ができるのですが。

これを購入して取り組むのは、趣味の水耕栽培を楽しむというよりは、家庭用ミニ植物工場を設置して、本格的な雰囲気を楽しむというところでしょうか。

素晴らしいアイデア

上記のシステムには水やりが不要とするためのアイデアがありました。パネルを養液水面に浮かべるという方法です。水が少なくなると、パネルがその分、下降するわけです。従ってある程度の量を入れておけば、しばらくの期間は補充が不要だと言うことになります。

なかなか気の利いた、素晴らしいアイデアだと思います。サイトには実用新案を出していると書いてありました。

その他のアイデア

斬新ではないですが、LEDランプを使用して密閉空間で育成することや、エアーポンプを使用して溶存酸素を増やして育成速度を縮めるなど、さらにいくつかのアイデアが盛り込まれています。

植物工場という企業が取り組むような大がかりな仕組みを、個人が簡単に手が届くようなレベルにまとめ上げてくれたというところで、非常に興味深いシステムではないかと思います。


a:4117 t:1 y:0