スポンサーリンク

1月9日:薹立ちが始まったサニーレタス

 厳寒期に入りつつあるこの頃ですが、屋内栽培に切り換えたサニー
 レタスは、それでも少しずつ成長を続けています。

 昨年、一昨年は、気温の低い玄関に置いて年越しをさせていたので、
 ほとんど冬眠状態でした。

 今年は初めて2階の自分の部屋に移動して年越しをさせたおかげで、
 今でもわずかずつ成長しているのです。

気温の違い

 玄関の温度は2~5℃。一方で自室は12~14℃。この温度差が
 成長の継続につながっているのだと思います。

 ですが、成長の継続は望ましいことなのですが、サニーレタスを
 よく観察してみたら、少しずつ茎が伸び出してきていました。

 すでに10cmを超える高さになっているものもあります。
 そうです。薹が立ってきているのです。

 サニーレタス1 サニーレタス2

 サニーレタス3

 昨シーズン(今年の年初)でも同じで、春先からどんどん茎が伸びて
 いき、5月には花が咲き7月にはその付け根から種を収穫したのでし
 た。

 今回のサニーレタスはその取れた種から栽培したものです。

冬眠が良いか成長継続が良いか

 まだ冬の真っただ中に薹が立ち始めるのが良いのか、気温の低い玄関
 において冬眠状態にさせるのが良いのか、まだ良くわかりません。

 でも言えることは、今回はあるところで栽培を止めようと思っていま
 す。

 薹が立ち始めてからの結果はもうわかっていて、食用として味は落ち
 るし、高くなり花びらがまき散らされることになるので。

 あと半月程度で終わりです。なのでそろそろ新しい種で発芽させ、次
 の栽培を早めに開始させようかと思っています。

 まだまだ気温が低いので、自家製発芽ユニットを使って・・。

スポンサーリンク

a:1325 t:2 y:1