トップ20℃超えたら成長が目に見えるように

5月23日:20℃超えたら成長が目に見えるように

今年もきゅうりとミニトマトの水耕栽培にチャレンジ中で、現在は玄関前の風徐室を温室代わりにして、それら野菜を栽培しています。

北国なので、ほとんどの家の玄関前に風徐室が設けられています。
我が家の南向き風徐室内は、水耕栽培にすごく理想的な環境です。

栽培槽への養液補充など、野菜の面倒見はいつでもでき、そして雨に濡れたり泥だらけになることもありません。

出かけるときは、植物の表情を観察して心が癒され、お客さんが訪ねてきたりすると、その野菜を見ていろいろと話しかけてくれます。
ひとしきり水耕栽培による野菜の栽培に、話の花が咲くことも多いです。

5月連休が明けてからは天気の良い日が続き、気温もどんどん上昇を続けています。つい最近などは、最高気温が25℃以上になる日も出てきています。まだ5月だというのに・・。

そのように気温が20℃を超えるようになったら、俄然、水耕野菜の成長のペースが加速されてきました。

きゅうりなどは、この前までまだ高さが10cm程度で小さいなあと思っていたのですが、1週間ちょっとで30cmを超えるようになりました。

ミニトマトの高さはそれをさらに超えています。
やはり、環境の影響はものすごく大きいことを実感します。

水耕野菜の状況

5.14:今年も水耕栽培で野菜の育成実験中
5.28:ミニトマトに花が咲き始めました


a:1567 t:1 y:0